ED治療薬とピル|ベストケンコー 医薬品の個人輸入の通販

 

 

ED治療薬とピル

 

ED治療薬が開発された背景には、その当時の医薬品の技術が目まぐるしく進歩して、体に作用する様々な成分の効果がわかってきました。思想文化においても中絶の選択が認められ、性行為自体への考え方が変わってきている時代でした。

 

今でさえピルは安全な医薬品であると認識されていますが、この当時には副作用についての充分な説明がされる前に販売が開始されます。そのためにピルへの危険論を訴える人も非常に多かったのです。

 

また、ED治療薬の開発は偶然のたまものであったエピソードがあります。はじめは心臓病の治療薬の治験を行っていたのですが、治験が終わった後に患者たちが口をそろえて、検査していた医薬品が欲しいと訴え始めたそうです。はじめのうちは理由を言わなかったのですが、問いただすとEDの症状が一時的に緩和されたというのです。研究者たちは驚いて効果を確認したようです。その後ED治療薬の開発に進むこととなります。

 

ED治療薬とピルは性生活に直結する医薬品であるために、当初は医療保険の適用外となっていました。また、性生活が乱れることにつながるのではないかという懸念がありましたが、認可の要望が大きかったためにスピード解禁となったといういきさつがあります。

このページの先頭へ戻る